おせち料理に欠かせない伊達巻について

おせち料理には必ず入るメニューがあります。


そのメニューの中でも子供から大人まで好まれるものの一つに伊達巻があります。



伊達巻はお店で買えば手抜きが出来る料理の一つですが、おせち料理を作る人が少なくなっている現代において家庭の味を継承するためにも伊達巻は手作りがお勧めです。



仮に、他の料理は購入したとしても、比較的簡単に作れるものは手作りをすれば親から子へと引き継げるメリットもあります。



伊達巻は白身魚のすり身を使う料理です。

和食は難しいのでいつも買って来ると言う人でも引っ付かないフライパンと簀巻きがあれば誰でも作る事が出来ます。

すり身は魚から作るのがベストではありますが、ここは手を抜いてすり身を購入しましょう。

魚のすり身が手に入らない場合にはハンペンを使ってもおいしい伊達巻を作る事が出来ます。

最近はインターネットの中にレシピの紹介が行われているウェブサイトがあるので、料理の本やおせち料理の作り方が分かる本を買わなくても良いのでチャレンジして見ると良いでしょう。

おせち料理の定番料理の伊達巻に必要な食材は、卵、みりん、塩やお砂糖、生地を作り卵白を泡立てる、調味を整える、卵の生地をフライパンに入れて焼き上げる、焼き上げたものを簀巻きで巻き上げれば完成です。
伊達巻はお弁当のおかずでも喜ばれますし、卵焼きを作る事が多い人など、お弁当のメニューとして伊達巻に挑戦するのもお勧めです。

繰り返し作ると上達するのが料理ですからおせち料理に備えて練習してみましょう。