おせち料理に込められた意味

日本のお正月と言えばおせち料理が定番ですが、近年は若い方は一人暮らしも増えて、年末年始にも実家に帰らないことから食べる機会は大幅に減少しましたが、それでも毎年それぞれの家庭のオリジナルの味が作られていたり、多くの料理店でも販売競争される伝統料理です。

そんなおせち料理ですが、もともとは季節の変わり目を意味する節の時期に行われる宮中行事の宴で食べられる料理として食されていました。


それが次第に一般市民の間でも浸透し始めて、いつしかお正月の定番料理として食べられるようになり、それぞれの食材には願い事が込められるようになりました。おせち料理に用いられる食材は地域や家庭ごとに様々ですが、それでも定番と呼ばれる食材も数多く存在していて、様々な願い事を食材に込めて食されていました。それは現代にも受け継がれていて、時代は変わっても食材に込められる願いは同じです。
例えば定番料理の黒豆でには、まめに働くという語呂合わせに加えて、豆が本来持つ意味である健康や丈夫を組み合わせて、いつまでも健康に働き続けられるようにという願いが込められています。



また黒豆と同様の祝い肴三種として数えられる数の子ですが、ニシンの卵から作られる料理という事もあり、二親から多くの子が出ることはおめでたいとして昔から愛される料理です。

祝い肴三種の最後の一つはカタクチイワシの小魚を使用した田作りになります。


この田作りは五穀豊穣を願い作られた料理で、関東や関西など広い地域で食されるおせちの定番です。



このようにおせち料理には、それぞれに異なる意味合いが込められていますので、その意味を考えながら食べるとまた違った楽しみ方ができます。