おせちが持つ本来の意味を知ろう

日本には四季があり、それぞれの季節ごとに特色ある行事があります。

その中でもお正月は特別な行事ではないでしょうか。

新しい年を迎えるという高揚感もあり、誰にとっても楽しみな行事です。



旅行に出掛けたり、故郷に帰省する人も多く、交通機関の混雑は最早お正月の風物詩と言っても良いでしょう。

お正月の風物詩と言えば年賀状に初詣、お年玉にお雑煮など、様々ありますが、おせちも間違いなくその一つでしょう。

季節の行事を彩る料理の中でも、一番有名な料理だと言って過言ではありません。


数の子や黒豆、昆布巻きやごまめなど、子孫繁栄や健康でいること、一家の幸せなどを願う意味を込めた料理を食べるのが古くからの慣習です。



最近は見た目にも華やかで豪華食材を多用したおせちが販売されていて目を引きますが、本来の意味を忘れかけているものが多いのではないかと感じる時もあります。

子どもや若者には伝統的なおせち料理は美味しくないし地味だと感じて敬遠するかもしれませんが、一年に一度のお正月です。

おせちが持つ意味を家族に伝えて行くためにも、伝統的な料理をいくつか用意しておきましょう。



数の子や黒豆がどのような意味を持つ料理として古くからお目出度いお正月に食べられてきたのか、大人も知っておいて損はありません。
手作りすることが難しいならば市販品を購入しても構いません。見た目が豪華で美味しそうであることも大切ですが、おせちの本来の姿を知ることは更に大事なことです。