地域によるおせち料理の違い

日本では伝統的にお正月にはおせちを食べます。

このおせちは、地域によって内容が異なることがあります。



ほかの地域で生まれ育った人に話を聞いて、おせち料理の違いに驚いたという経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。



それでは、具体的にどういう違いがあるでしょうか。
まず、おせち料理の中でも欠かせない「祝い肴三種」です。これは、かつてはお正月だけでなく婚礼などのおめでたい席でも食べられていたという、おめでたい料理の代表格です。
関東地方では、祝い肴というと、黒豆、数の子、田作りが定番ですが、関西では黒豆、数の子、たたきごぼうになります。
黒豆は、黒色に邪気を払う力があると信じられており、またまめに(健康に)働けますようにという意味が込められています。

数の子は、多くの卵があることから子孫繁栄に結びついています。

田作りはごまめとも呼び、もともとイワシが肥料として用いられてたことから、豊作を祈願するものです。

たたきごぼうは、地中にしっかり根を張ることから、細くても長く幸せにとの意味を込めてあります。

また、魚料理も地域によって違いがあります。



関東では鮭、関西では鰤を使う傾向がありますが、秋田ではハタハタ、関西の中でも京都は棒ダラ、宮城県はナメタガレイといったように地域性が見られます。そのほか、栃木では里芋を蒸して皮をむいて焼いたいも串を入れたり、埼玉県ではくわいの煮物を、滋賀県では赤こんにゃくの煮物、愛媛ではひのかぶら漬けをつめるなど、その地域特有の具材があります。