新年が感じられて家族の団らんに役立つおせち

おせちは日本の伝統料理で、新年を迎える際に家族揃って味わうのが特徴です。また、品数が多くどれも手が込んでいて、縁起物が詰め込まれているのも他にはない魅力です。



例えば、おせちの代表昆布巻きは、喜ぶと昆布が掛けられているダジャレですが、健康や長寿を願って入れられています。



一方の数の子は、子宝や子孫の繁栄を願って選ばれていますから、日本人らしい願掛けが行われているといえるでしょう。

これらおせちの拘った一品一品は、子供に食材の意味と伝統を伝える食育にも役立ちますし、舌では豊かな味わいが学べるので、お正月に用意する価値は決して小さくありません。


むしろ、家族で同じ食べ物を味わった、という記憶や思い出が残りますから、子供にこそ食べてもらう価値があると考えられます。現在では、おせちを作る家庭は減少しているので、家庭の味を伝承する機会は少なくなっています。
しかし、食としての文化そのものは残っていますから、ここ数年でおせちを食していなかったり、一度も食べた経験がないとしても、だからこそ再評価を行うタイミングになり得ます。
味や食感といった記憶は強く残るもので、特に子供の頃に経験した食べ物は、大人になってからも不意に思い出されることがあります。
それに、お正月は遠く離れて暮らす家族が集まる絶好の機会ですから、この時に手の込んだ立派な料理を振る舞うのは、無事にお正月を迎えたことを確認したり、新たな一年を祝える意味でも魅力的です。